FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oblivion Script Extender(OBSE)を導入する

2009年11月06日 23:00

初心者の方はOBSEが必要なMODを導入するときに導入すればOKです。

Oblivion Script Extender(OBSE)はOblivionのスクリプト機能を拡張します。
簡単に言えば、これが入っていないと動かないMODがあります。

導入のためには以下の条件があるようです。
パッケージ版(CDやDVDでインストールした)
Shivering Islesが入っている
バージョン1.2.0.416

Steam版は導入方法が少し違うようですが導入可能なようです、この記事では触れません。
GoTY版でインストールした場合はこの条件を満たしています。


まず最初に拡張子が見えるように設定してください。
今回は拡張子が見えることが必須となります。

1.OBSEダウンロードサイトでダウンロードします。

現在はv0017b版が最新でv0018版がbeta(試験中)のようです。

v0018版は新しい機能が追加されているため、v0018版でないと動かないMODもあるようです。
確実なのはv0017版ですが、v0018の導入が必要になる可能性もあるので、入れてしまっても良いかもしれません。

この記事ではbeta版ですがv0018版を落としてしまいます。
v0017版でも導入方法は同じです。


2.ダウンロードしたファイル(.zip)を解凍します。


3.解凍したフォルダを開いてDLLファイルを「..\Bethesda Softworks\Oblivion\」の中にコピーします。
(DLLファイルとは「obse_1_2_416.dll」「obse_editor_1_2.dll」など「.dll」で終わっているものです)


4.解凍したフォルダから「obse_loader.exe」を「..\Bethesda Softworks\Oblivion\」の中にコピーします。
(3と同じ場所です。)


5.「obse_loader.exe」をダブルクリックするとOBSEの機能を使える状態でOblivionが起動します。
起動しないでエラーがでた場合、6を行います。
起動して少しプレイしても問題がなさそうなら、6は飛ばします。


6.日本語化MODの影響で最初にダウンロードしたファイルではダメな場合があるようです。
作者さんが日本語パッチに対応した「obse_loader.exe」を作って置いてくれていますのでこちらから落とします。
http://obse.silverlock.org/download/obse_loader.zip

ダウンロードしたファイルを解凍して、4と5を行ってください。
今度はOblivionが起動するはずです。


7.OBMMからの起動で自動的にOBSEが起動します
「OBMM」の「Launch oblivion」から起動した場合も自動的にOBSE込みで起動してくれます。


これでOBSEの導入は完了です。
特にどこかかわったように見えないかもしれませんが、OBSEが必要なMODと同時に入れてみるなどしてMODが動くか確認してみてください。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lilivion.blog104.fc2.com/tb.php/7-c43842be
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。